Tag Archives: HTML

IoS(サービスのインターネット)を支えるのは標準化された技術群、たとえばHTML 図書館でも。

●ベネッセ運営の電子図書館が利用者55万人を達成! http://news.ameba.jp/20170403-488/
「電子図書館まなびライブラリー」の利用者の内訳は、小学生が43.5万人以上であり、これは、国内における小学生の電子書籍利用者の3分の1に相当。ちなみに、現役引退を表明した浅田真央に関する『浅田真央 さらなる高みへ』も読める。
Continue reading

 

電子雑誌:国内での成功事例と海外へ向けた取り組み(後篇)【セミナー備忘録】

(個人用のメモです。議事録ではありません。記事中の図画はプレゼン公開資料を使用しています))

■第二部:『電子雑誌・海外展開 翻訳配信トライアル 〜人工知能を用いたデバイス最適化について〜』
講師:ハースト婦人画報社
デジタルプロダクト部マネージャー 兼 製作部デジタルマガジン課 課長 松延 秀夫 様
・プレゼン資料:ハースト婦人画報社 http://www.slideshare.net/JEPAslide/ss-67449994

市場縮小時代の経営の要諦は次の3つ。

・他社シェア奪取
・業務の構造改革による収益性の向上
・海外の成長に手を伸ばす

本日のハースト婦人画報社、松延氏の講演は、三番目海外市場開拓のパイロットプラントとしてスタートした、台湾プロジェクトの説明。そして、それには二番目の「業務の構造改革」を業界を挙げて行う必要がある、つまり規格化・標準化が肝になる、ゆえにこの台湾プロジェクトへの参画を募る、のがその眼目であった(もちろん他にもいろいろ貴重な情報開示があったが、全容はJEPAサイトの映像をご覧ください。 https://youtu.be/zgK1jlHtFng  )。

また構造改革の明細の中には、標準化以外に、翻訳やレイアウトの最適化のために人工知能を使うといった「旬」のテーマも含まれ、エキサイティングな内容だった。 Continue reading

 

●本がデジタル化されるとはなんの謂いぞや

A:<メディアとしての紙>から<デジタル化するメディア>へ

●機械が「読む」時代の知に対応するために « マガジン航[kɔː] http://magazine-k.jp/2016/02/12/more-machine-readable-books/
Google検索の裏側で人工知能が作動している。ディープラーニング、自律的学習する段階にはいった人工知能だ。自律的学習をするためには、模範となるデータが大量にあるほうが有利。ここで英語と日本語とで、おおきな差が生まれていることに気を付けなければならない。
本のデジタルデータが、英語圏ではGooglebooksプロジェクトのおかげで数千万冊の規模に至っているのに対し、日本語の本はせいぜい数十万冊しか格納されていない。検索を通した「知の流通と知の生成」の生産性に大いなる落差が生まれる懸念。

Continue reading

 

NHK出版のEPUB電子出版戦略【セミナー備忘録】

(個人用のメモです。議事録ではありません。記事中の図画はプレゼン公開資料を使用しています))

■NHK出版のEPUB電子出版戦略 http://www.jepa.or.jp/sem/20150826/

□講師
アドビ システムズ マーケティング本部          岩本 崇 氏
ゲストスピーカー:
株式会社 NHK出版 デジタルセンター 担当部長      尾崎 圭 氏
株式会社 三陽社 メディア開発室テクニカルエキスパート  田嶋 淳 氏
株式会社 デザインスタジオドアーズ ディレクター     伊藤 真人 氏

□概要
日時:8月26日(水) 15:00-17:00
主催:日本電子出版協会(JEPA) Continue reading

 

ビッグデータによる学習解析研究の意義 【セミナー備忘録】

(個人用のメモです。議事録ではありません)

□ 「学習ビッグデータ分析(LA:Learning Analytics)最前線」 - グローバルな最新情報と学習理論からの考察 - http://www.asuka-academy.com/seminar/20150729.html

■「ビッグデータによる学習解析研究の意義 - 学習理論・教材開発論の観点から」
(講師:放送大学教授 山田恒夫先生)

◎全容は下記動画で確認できます。ここでは個人的に面白いと感じた3点をメモしておきます。
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=1aHEgmzxHvo

1.明治二十年問題とe-ラーニング・システム

インターネットを活用した遠隔教育、あるいはe-ラーニングの活動とこれまでの実績が、「明治20年問題」同様の変革の時期に来ている、との指摘があった。つまり、電子教科書がいまやプラットフォームを目指している。それゆえ、LMSやMOODLEは今後電子教科書にとって代わられる可能性がある、というのだ。

Continue reading

 

●知っていて当たり前!?新時代のマーケティング用語25選

E:tips 他(原則コメントは付さず、クリッピングだけしています)

●知っていて当たり前!?新時代のマーケティング用語25選 https://ferret-plus.com/1846

●デザイナーが覚えておきたい、ビジュアルコミュニケーションの基本原則10個まとめ http://photoshopvip.net/archives/79711

●Illustratorでのデザイン作業に変化を与えた便利な機能・テクニックのまとめ http://coliss.com/articles/build-websites/operation/design/10-amazing-illustrator-tips-by-spoongraphics.html

●シンプルなのに効果的!美しい背景画像を作成するテクニックのまとめ http://coliss.com/articles/build-websites/operation/design/simple-techniques-beautiful-backgrounds-by-canva.html

●Flashの時代終了!Adobe Flashの歴史を描いた1枚のイラストが話題! http://www.danshihack.com/2015/07/19/junp/a-brief-history-of-flash.html

●売りたい商品のための正しいコピーライティング http://www.lifehacker.jp/2015/07/150719_your_product.html

●【2015年】チラシのデザインを頼むといくらかかるか?97社の料金表を調べてまとめてみた。 http://www.design-47.com/entry/flyer

●ウェブクリエイティブの制作発注とABテストの一元化を実現!ADK、「ABsolute one」を発表 http://markezine.jp/article/detail/22824

●WordCamp Kansai 2015 デザイン初心者向けワークショップ〜 ブログデザインを実際に作ってみよう〜 http://www.slideshare.net/ayakasumida/wordcamp-kansai-2015-50948851


●プログラム組んだら負け!実はHTML/CSSだけでできること2015夏 http://www.slideshare.net/yusukehirao/htmlcss2015

●検索エンジンで上位表示をさせるためのSEO対策が、最近ではただの精神鍛錬になりつつあるという話。長文+追記が現時点では最強です。 http://etc.hateblo.jp/entry/saikyo-seotaisaku-2015/

●たった0円でMacがこんなに便利になる無料アプリ総まとめ http://itea40.jp/matome/free-mac-app-summary/

http://itea40.jp/wp-content/uploads/2015/07/730xNxfree-mac-app-summary1.jpg.pagespeed.ic.Rek7m-ywwo.webp

●iPhoneが圏外でもウェブページが見られるって知ってた? http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/359/359589/

 

 
Woman pressing various collection of high tech buttons

●SNSが巨大ショッピング・ポータルへ

B:暮らしと職場の風景を変えていく(個人の意思決定と情報社会)

●Facebook、eコマース機能を着々強化中―巨大ショッピング・ポータルが出現? http://jp.techcrunch.com/2015/04/07/20150405when-buying-is-as-easy-as-liking/

DeNA Palette(パレット)と同じ発想を構想しているか。つまり、ネットとリアルの融合に、商品の「購買」への導線を位置づける。まず手始めに、メッセンジャー内に支払い機能を導入した(現在アメリカのみ)。メッセージのスレッドに表示される“$”ボタンをクリックして金額を入力するだけでその金額が即座に友達に送金される。またFacebookはBuyボタンの実験も行っている、のだ。

Continue reading