複式簿記|11月20日は近代資本主義の濫觴の記念日

11月20日は現在世界を覆っている近代資本主義の奔流、その最初の一滴が流れ始めた記念すべき日です。1494年11月20日、イタリアはヴェネチアで『スムマ』と呼ばれる数学書が刊行されました。

17世紀の科学革命の前にまず数量化革命があったとする、アルフレッド・W・クロスビーは主著『数量化革命』の中で,1494 年にイタリアの数学者ルカ・パチョーリが複式簿記をまとめ、『スムマ』として刊行したことが,西欧の世界史への巨大な台頭を促したと説明しています。 Continue reading

 

金融崩壊の予兆|世界経済の長期停滞を危惧する3つのレポート

日本の新聞、テレビニュースであまり取り上げられないが、世界の金融関係者、経済専門家が事態の成り行きを固唾をのんで見守っている事象がある。「金融崩壊の予兆」という指摘。とりわけ、元イングランド銀行総裁、マッキンゼー、IMFは米国の金融システム不全が世界の金融崩壊へ連鎖することを恐れ、それがさらに世界経済の長期停滞へつながっていくのではないかと危惧している。

処方箋として取り沙汰されているのは、ベーシックインカム、富裕層への資産課税だ。 Continue reading

 

デジタルトランスフォーメーションを果たしつつある「読書」

社会学者小熊英二氏が『日本社会のしくみ』で、海外先進国の企業が新規採用時に、入社希望者の専門能力と学位を重視するのに対し(=職務に対し人をあてがう)、日本の企業や官庁の人事担当者が「人物」「人柄」を重視する(人に職務をあてがう)傾向が強いことを指摘し、結果、学習が根付かない、根付きにくいキギョウ社会を日本に生みだしたとしています。

日本の出版市場の20年の凋落傾向にはこういったことが背景にあるものかもしれません。

他方、社会的実態として、「読書」のデジタルトランスフォーメーションとでも呼べるような傾向も現れています。 Continue reading

 

日本人は読書しない? する?

日本人の読書の傾向に関しては、毎年毎日新聞が「読書世論調査」を実施し、おおむね5~6割の日本人が読書をしていることになっている。確かにかつては教育大国といわれた日本だ。しかし体感的に違う気がする。「読書」という営為は日本社会の中で劣化しているのではないだろうか。

ただし「読書」のデジタルトランスフォーメーション、という視点も忘れてはならない。その視点を持った時、日本人の読書の傾向はどう判定されるべきなのだろうか。 Continue reading

 

Requirements for “professional books”

iCardbook will support active learners and people who want to think and learn about their lives, groping their way in a transitional society.

How can iCardbook do that?

iCardbook is a card-type professional books optimized for reading on smartphones.

Here, the conditions of “professional books” that Shisousha(詩想舎) think of are as follows.

■Requirements for "professional books"

・ Essential: Be prepared to respond to "What is the authority of this description?"

Clarification of authority in the text
annotation,note
List of references

・ Preferable: Index term list

■academic books vs professional books

As long as the above conditions are met, not only academic books but also enlightenment books and introductory books should be called professional books.


 

About iCardbook(english) | iCardbook|知の旅人に https://society-zero.com/icard/icardbookenglish

◎アイカードブック創刊の狙い http://society-zero.com/chienotane/archives/5063

Aim of iCardbook
・Responding to changes in the “reading” environment
・Responding to changes in the "learning" view
・Renewal and restart of the “Knowledge Ecosystem” is necessary for the human society in the transition period

 

 

「専門書」の条件

iCardookはカード型専門書です。それでは「専門書」の定義、あるいは条件とは何でしょう。

詩想舎が考える専門書はこれです。

「専門書」の条件

必須:「この記述の典拠はいったい何なのか」に応える準備があること

・文章中の典拠明示
・註での記述
・参考文献一覧 他

望ましい:索引用語ある一覧があること

この点について、ebookであれば作品内検索がKindle本などでは可能なので、必須ではないと考えています。

 

学術書と専門書

上の条件を満たした書き物の中には、学術書だけでなく啓蒙書や入門書もありえます。

 

 

「取次」を必要としない米国 必要とする日本

「取次」を必要としなくなった米国

出版社が「取次」を必要としなくなった米国で、取次第二位のベイカー&テイラー社(B&T)が廃業を決定した。親会社の教育市場への集中という経営方針の反映だった。

しかしそれだけではない。B&Tの社長は「出版社が直販に移行したために」、取次事業の維持が不可能となったと述べている。 Continue reading

 

ノートルダム大聖堂火災のさなか、パリの人々はアヴェ・マリアを歌った

フルバージョンはこちらから聴けます。

Frère Jean-Baptiste de la Sainte-Familleが作曲した楽曲。

 

 

知って得する 人工知能の基礎の基礎

人工知能(Artificial Intelligence:AI)はもはや、使っている側がそれと気づかないでいるほどに浸透している。また会社が「AIを導入した」「AIによる新サービス開発」と謳えば株価があがるご時世でもある。囲碁や将棋の世界で人間とAIとの勝負が話題になったのはもう昔の話。AIを活用した医療診断システムが稼働するなど、「ニュース・話題」の段階から、確実に日々の生活と社会の在り様を、AIが具体的に変え始めた時代を、私たちは生きている。

ところであなたはAIの基礎知識を持っていますか?AIについての基礎知識、本質的理解なしに仕事を続けることは、会社でのあなたの評価にもつながる切実なネガティブ・ポイントになりかねません

トレンディなキーワードを検索にかけ、情報を取得して、それでなんとなく会話についていければいいやと考えていませんか。それではあとから手痛いしっぺ返しを受けるでしょう。「AI関連ニュースに詳しい人レベル」を早く脱却すべきです。それには、きちんとした書籍を一通り読むことが近道ですが、ここではそういった書籍の書き手でも意外と見落としている、AIの「基礎の基礎」について2点説明します。

◎読解力とヒューリスティック:意味の理解とAI

◎数学と哲学:意味・認識論から始まったAI

Continue reading

 

『未来のミライ』を観ましたか?

『未来のミライ』は、ファンタジーというジャンルが何をできるかを教えてくれる映画だ。

『未来のミライ』を受賞させるかどうか、でアカデミー賞そのものがむしろ試される。このアニメーション映画はそういう作品だ。

Continue reading