ケヴィン・ケリーが語る「本と読書と出版」 その2

■クローズとオープンのバランス

インターネットは世界最大のコピーマシンだ。

デジタル経済はこうした自由に流れるコピーの川の上を動いている。(『<インターネットの次>に来るもの』 第3章 Flowing )


著作権は無法なコピーを許さない、私的な範囲でのコピーとその活用がある条件内で許されるだけだ。つまり著作権は有料世界を守る防御壁なのだ。出版者側はDRM技術で「クローズ」にすることで、電子書籍にも紙の本と同じ状態を保持しようとしている。しかし、クローズのままでは、「自由に流れるコピーの川の上を動いている」デジタル経済の波に乗ることはできない。ここに何らかのオープン戦略が必要になる。紙の本にも、電子本にも。

デジタル化、コンピュータ化は、固定化から流動化へ、「フローの時代」へと経済社会を追い立てている、とケヴィン・ケリーは言う。

「フローの時代」にあってはデジタル・データをうまくフローさせてこそ、「価値」を収穫することができる。ただ「クローズ」を否定はしていない。そうではなく、デジタル・データの何らかのオープン戦略、そのことによるクローズとオープンのバランスの調整が必要なのだ。

アマゾンの最大の資産は、プライム配送サービスではなく、この20年にわたって集めた何百もの読者レビューだ。アマゾンの読者は、たとえ無料で読めるサービスが他にあったとしても、「キンドル読み放題」のような何でも読めるサービスにお金を払う。なぜならアマゾンにあるレビューのおかげで、自分の読みたい本が見つかるからだ。(『<インターネットの次>に来るもの』 第3章 Flowing )

つまり、コピーできないものを売る、という発想が、クローズとオープンのバランスの調整策として編み出されなければならない。「コピーできないもの」として、ケヴィン・ケリーは信用をあげたうえで、さらに八つのヒントを指し示す。

即時性
パーソナライズ
解釈
信頼性
アクセス可能性
実体化
支援者
発見可能性

上述「キンドル読み放題」の話は「発見可能性」の実例として挙げられた。ちなみに読者目線の「発見可能性」を作品提供者目線でいえば、「潜在読者の掘り起こし」と「本と読者のマッチング」となる。

他に、本に関して「即時性」の項目でこんな記述も。

ハードカバーの本は即時性を提供するからより価値が高いのであり、硬いカバーの装飾はただの見せかけだ。(『<インターネットの次>に来るもの』 第3章 Flowing )

その1で紹介したケヴィン・ケリーの言葉はこうだった。

もっと重要なことは、われわれが新しいものを古いものの枠組みで捉えようとしがちだということだ。(『<インターネットの次>に来るもの』 第1章 Becoming)

著作権(古いものの枠組み)に縛られた発想のままではだめなのだ。

重要なのはコピー(ここでは売り部数くらいの意味(筆者註))の数自体ではなく、一つのコピーが他のメディアによってリンクされ、操作され、注釈を付され、タグ付けされ、ハイライトされ、ブックマークされ、翻訳され、活性化されたその数だ。作品がコピーされることよりも、どれだけ多くその作品を思い起こし、注釈を付し、パーソナライズし、編集し、認証し、マークを付け、転送し、関わっていくかに価値が移っている。(強調は筆者)(『<インターネットの次>に来るもの』 第3章 Flowing )

上の引用はもともと音楽に関する記述だが、「インターネットは世界最大のコピーマシンだ。デジタル経済はこうした自由に流れるコピーの川の上を動いている。(第3章 Flowing )」というケリーにとって、音楽も本も同列だ。彼は、デジタル化というテクノロジーの本質を抉り出している。すなわちデジタル経済では、エンゲージメントこそが成長の鍵になる。エンゲージメントを引き出す「クローズとオープンのバランス」戦略が大事なのだ。

エンゲージメントとは「どれだけ多くその作品を思い起こし、注釈を付し、パーソナライズし、編集し、認証し、マークを付け、転送し、関わっていく」こと。

リアルタイムでやり取りできるクラウド上のコピーへと転換していくことで最初に淘汰される産業が、音楽だ。多分それは、音楽そのものが非常に流動的だからでー音符の連なりが美しく響くのはそれが流れ続ける間だけだー最初に流動化の影響を受けることになった。音楽産業は変化を嫌がったが、それは、映画、ゲーム、ニュースといった他のメディアもたどることになる、際限なく繰り返される変化のパターンだった。(強調筆者)(『<インターネットの次>に来るもの』 第3章 Flowing )

 


(このシリーズは『<インターネットの次>に来るもの(翻訳:服部 桂)』の中でケヴィン・ケリーが「本・読書・出版」について語っている部分をハイライトしている)