大学図書館と公共図書館 計数と利用状況

 大学図書館の計数と利用状況

 

[table id=2 column_widths="5%|20%|15%|15%|15%|15%|15%" /]

画像URLはこちら

[table id=3 column_widths="5%|35%|15%|15%|15%|15%" /]

画像URLはこちら

①学生、教職員は平均して年に6.4冊の貸出を受けている。
②6.4冊の貸出を受けるのに、図書館を平均2回利用した。
③蔵書は一年間に、平均約十冊に一冊の割合で利用されている。
(ただし、同じ本が何回も借りられているケースがありうるので、点数ベース、ユニークな本の総数に対して9.5%の割合で利用されているわけではない)
これは大学図書館が「価値論」の立場から選書、蔵書している結果であると考えられる。

ちなみに、大学図書館向け電子書籍閲覧サービスのひとつ、「ネットライブラリー」での販売良好書は下記の通りで、シリーズものとレファレンス系コンテンツを図書館は購入している。(出典:『電子図書館・電子書籍貸出サービス』)

[table id=6 column_widths="10%|55%|35%" /]

 

 公共図書館の計数と利用状況

[table id=4 column_widths="5%|20%|15%|15%|15%|15%|15%" /]

画像URLはこちら

[table id=5 column_widths="5%|30%|15%|12%|12%|12%|14%" /]

画像URLはこちら

①住民の中で登録した人は平均して年に12.6冊の貸出を受けている。
②蔵書は一年間に、平均1.64回利用されている。
(ただし、同じ本が何回も借りられているケースがありうるので、すべての本が年に1.64回利用されているわけではない)
③特に市区立、町村立の図書館は「要求論」の立場から選書、蔵書した結果が表れている。
④都道府県立の図書館は大学図書館と市区立図書館と、両方の性格を併せ持つ立場にいると推定される。

 


◇関連クリップ

●日本の図書館統計  大学図書館 (2014集計) http://bit.ly/1Gmsbwx

●日本の図書館統計  公共図書館 (2014集計) http://bit.ly/1O4eZlD

●LibrariE(ライブラリエ)JDLS日本電子図書館サービスが提供する電子図書館の新しいモデル【セミナー備忘録】(番外編) http://society-zero.com/chienotane/archives/630
「価値論」と「要求論」について。


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です