自信~100 words・iCard

自信とは、自分への信頼、自分を信用すること。

それは自分の現状を受け入れる、覚悟から生まれる。


 

◇関連クリップ

●OECD 国際教員指導環境調査(TALIS2013) のポイント http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2014/06/30/1349189_2.pdf
教員は、生徒の主体的な学びを重要と考えている一方、主体的な学びを引き出すことに対しての自信が低く、ICTの活用を含め多様な指導実践の実施割合は低い。また学級運営に自信がない:学級内の秩序を乱す行動を抑える(日本=52.7%/世界=87.0%)。自分が生徒にどのような態度・行動を期待しているか明確に示す(日本=53.0%/世界=91.3%)。生徒を教室のきまりに従わせる(日本=48.8%/世界=89.4%)。秩序を乱す又は騒々しい生徒を落ち着かせる(日本=49.9%/世界=84.8%)。(●DiTT/「何がいけなかったの?フューチャー&学び」で課題を語る | 詩想舎の情報note / 所収)

●「20~50代1,600名の職業スキル・生活スキル・職業意識」調査結果 http://www.jil.go.jp/press/documents/20130422.pdf
「特定の分野でいろいろな仕事をたくさん経験してきている」人は、1つの仕事を長く経験した人、いろいろな分野で仕事をした人に比べて、職業スキルに自信がある。一方「他社で自分の職業能力は通用しない」と考える人には、抑うつ傾向が強い。自信があるスキル:「人の話を聞くこと」「書類を読むこと」「人と協同で作業すること」。自信のないスキル:「将来の職業生活に備えること」「人生設計を立てること」。
●全国学力・学習状況調査の4年間の調査結果から今後の取組が期待される内容のまとめ | 詩想舎の情報note  所収)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です