マーシャルにおける「生産物」

マーシャルは、経済学原理において、生産財をつくる営みも、生産財を市場に出す営みも同じものとして認識している。

たとえば、「ときとして商業者は生産しない、たとえば家具工は家具をつくるが、家具商は生産された家具を売るだけだといわれる。しかしこういう区別をするだけの科学的根拠はない。かれらはいずれも効用をつくりだすが、それ以上のことはしない(※I):引用 『経済学原理』(岩波文庫、一九六八年))」と述べている。

つまり、市場において効用が認められれば、物を提供することも、サービスを提供することも区別をしない枠組みとなっているといえる。

■参考文献『経済学原理』  アルフレッド・マーシャル 原著一八九〇年


★この記事はiCardbook、『なぜ経済学は経済を救えないのか(上)視座と理念の転換』を構成している「知識カード」の一枚です。

アイカードブック(iCardbook)

  

 

   [ + ]

I. :引用 『経済学原理』(岩波文庫、一九六八年))