脳単―ギリシャ語・ラテン語 (語源から覚える解剖学英単語集 (脳・神経編))

著者: 原島 広至 , 河合 良訓(監修)
出版社: エヌ・ティー・エス
ISBN : 9784860430757

■アクティブラーニングに便利(for your effective Active Learning)

◎調べて読む(Reviews)

「個々の骨や骨格筋には比較的独立性があり、部分の解説を各論的に進めても全体の理解につながりやすい。しかし、神経系の場合には事情は少し違ってくる。中枢神経と末梢神経は機能的・解剖学的に一つの大きな連続した臓器と見なすことができる。」
 (書評)脳単 ~語源から覚える解剖学英単語集~ http://www.nts-book.co.jp/item/detail/review/bio/20050415_34.html

「ギリシャ語、ラテン語の語源から覚える解剖学英単語シリーズの脳・神経編。神経系の構造や機能の奥に広がる言葉の世界に魅了される一冊。語源解説や脳に関する興味深いエピソードのコラムなども満載!」
 https://www.amazon.co.jp/dp/4860430751/sasazamani-22

◎買って読む(Get a copy)

◎借りて読む(Borrow at the library)

カーリルで探す

◎共有シェア(Share)

Twitter  Facebook  LINE  Hatena

「テクストとは多次元の空間であって、そこではさまざまなエクリチュールが、結びつき、異議をとなえあい、そのどれもが起源となることはない。テクストとは、無数にある文化の中心からやって来た引用の織物である。」(ロラン・バルト「作者の死」『物語の構造分析』)


"The text is a multidimensional space, and there, the various Ekritule are connected and challenged, none of which originates. The text is a woven fabric of quotes that came from countless cultural centers."(Lauren Barth "Death of the Author" "Structural Analysis of the Story")



■知識カードが「本のネットワーク(織物)」を可視化(下記URLをクリック

■Knowledge card visualizes "network of books (a woven fabric of quotes)" (click the URL below)

[推薦文]『脳と情報』(池谷裕二) – iCardbook|知の旅人に https://society-zero.com/icard/3364



この記事は「 脳と情報:神経回路と記憶のメカニズム」の「参考文献」リストの一つです。
知識カード」を編成したカード型専門書、iCardbookはスマホ時代の、新しいホンの形です。

This article is one of the "References list" of "「 脳と情報:神経回路と記憶のメカニズム」"

iCardbook, a card-type specialized book that organizes “Knowledge Cards” is a new form of book in the smartphone age.


■iCardbookのメリット 読書にコスパ

・通学・通勤のスキマ時間にさくさく読める

・著者の頭の中の、「設計図」がすぐわかる

・アマゾン・プライム会員は、無料で読める

■関連URL(Related URL)

佐々木拓哉のホームページ Takuya Sasaki's homepage | Profile http://sasaki-brain.net/profile

[はじめに]『脳と情報』 – iCardbook|知の旅人に https://society-zero.com/icard/3359

[推薦文]『脳と情報』(池谷裕二) – iCardbook|知の旅人に https://society-zero.com/icard/3364


ホームへ戻る(back to Home)
参考文献一覧へ戻る(back to the List of Reference)
ちえのたね|詩想舎 © 2018. All Rights Reserved.