苫野一徳のiCardbook JEPA版

『自由の相互承認 人間社会を「希望」に紡ぐ(苫野一徳)』

◎下巻からクリック、読んでみてください。

どれだけお金を持っていても、地位や名誉を手に入れても、わたしたちは満足に「自由」を感じられないことがある。

なぜか?

といった文章から始まります。

 

■目次構成

(上)現状変革の哲学原理

第一章 自由からの逃走
第二章 「自由」とは何か
第三章 社会の原理――自由の相互承認
第四章 現代政治哲学の難点

(下)未来構築の実践理論

第五章 「自由」の実存的条件
第六章 「自由」の社会的条件

 

■読み放題をお楽しみください

・画面右側にある◀(<)をクリックすると、円がくるくる回り、読める状態を作り始めます(一番最初は少しここで時間がかかります。二回目からはブラウザが覚えているので割とすぐです)
・画面右上の歯車マークをクリックして、二番めの「全ページ表示(横スクロール)」を選ぶも面白いですよ(画面左の<をクリック)。

(上)現状変革の哲学原理

自由の相互承認(上)

(下)未来構築の実践理論

自由の相互承認(下)

 

■お願い

「読み放題」でiCardbookをお読みいただきありがとうございます。この、新しい「本」の形について、簡単なコメントで結構です、アマゾンサイトの「カスタマーレビュー」にお書きいただけないでしょうか。

下記URLをクリックし、下の方へ行くとカスタマーレビューを書く場所があります。
https://amzn.to/3dWhA3W

またはSNSアカウントで下記URLを付して、拡散いただくと助かります。
・自由の相互承認 人間社会を「希望」に紡ぐ(苫野一徳) https://society-zero.com/icardbook/002/index.html

「作品一覧」のトップへ戻る