倉阪秀史のiCardbook JEPA版

『なぜ経済学は経済を救えないのか(倉阪秀史)』

◎副題が「資本基盤マネジメントの経済理論へ」で教科書として作られました。第一章から順をおって読み進められることが想定されています。

脱炭素社会への移行など行政的難題の基礎概念や環境を取り込んだ経済社会とは何かが学べます。

■目次構成

(上)視座と理念の転換

第一章 実物界からの離脱と成長経済への希求
第二章 実物界からの離脱へ至る思想的背景
第三章 エコロジカル経済思想への道程
第四章 実物界から離脱した経済学による環境問題へのアプローチ
第五章 実物を重視した経済学への展開

(下)政策展開の経済理論

第一章 基本概念
第二章 市場による決定が行える範囲
第三章 持続可能性を確保するための市場外の判断
第四章 持続可能性を確保するための政策群

■読み放題をお楽しみください

・画面右側にある◀(<)をクリックすると、円がくるくる回り、読める状態を作り始めます(一番最初は少しここで時間がかかります。二回目からはブラウザが覚えているので割とすぐです)
・画面右上の歯車マークをクリックして、二番めの「全ページ表示(横スクロール)」を選ぶも面白いですよ(画面左の<をクリック)。

(上)視座と理念の転換

なぜ経済学は経済を救えないのか(上)

(下)政策展開の経済理論

なぜ経済学は経済を救えないのか(下)

 

■お願い

「読み放題」でiCardbookをお読みいただきありがとうございます。この、新しい「本」の形について、簡単なコメントで結構です、アマゾンサイトの「カスタマーレビュー」にお書きいただけないでしょうか。

下記URLをクリックし、下の方へ行くとカスタマーレビューを書く場所があります。
https://amzn.to/3mPEZIi

またはSNSアカウントで下記URLを付して、拡散いただくと助かります。
・なぜ経済学は経済を救えないのか 資本基盤マネジメントの経済理論(倉阪秀史) https://society-zero.com/icardbook/004/index.html

「作品一覧」のトップへ戻る