Tag Archives: 本屋

●メッセージを伝える『メディア』、本棚 シェア・分かち合いの原型

A:<メディアとしての紙>から<デジタル化するメディア>へ

●(インタビュー)書棚から見える中国 書店「万聖書園」店主・劉蘇里さん http://digital.asahi.com/articles/DA3S11960606.html
いまは北京で書店を営む、天安門事件で拘束された元活動家のインタビュー。「人は知識を得ることが力となるし、知識を社会に提供できる仕事をしようと考え、書店を開いた。自分の選んだ本が並ぶ書棚が、私のメッセージを伝える『メディア』でもある」。
「5年ほど前から、日本にかかわる本が売れ始めました。文学、政治、経済、法律、歴史や実用書など非常に幅広い分野にわたります。日本について、もっと深く理解したいと考える中国人が増えているからです。この100年で初めてのことでしょう」。

Continue reading

 
Group of People Holding Knowledge

●米国で中国人経営の本屋が生き残るためにとった戦略とは?

E:tips 他(原則コメントは付さず、クリッピングだけしています)

●アメリカで中国人経営の本屋が生き残るためにとった戦略とは? http://gigazine.net/news/20141205-chinese-bookstore/

「本屋であること」にこだわらないというなりふり構わぬ経営方針の転換が、功を奏している。

Continue reading