Category Archives: 知のパラダイムシフト

英国義務教育課程のComputing【セミナー備忘録】

(個人用のメモです。議事録ではありません。とりわけ[ ]の部分はブログ記事筆者の挿入部分です。図画等は特に断りがなければ講演者のプレゼン資料を利用しています。)

■セミナー概要:

教育ICT:イギリス最新動向 2017 http://www.jepa.or.jp/sem/20170223/

日本教育情報化振興会 (JAPET&CEC) の海外調査部会では、昨年度のアメリカ合衆国の訪問調査に続き、今年度はイングランドを対象として、教育におけるテクノロジー活用の状況を調査しています。

講師 石坂芳実 (いしざか よしみ) 氏
・ICT CONNECT 21事務局 技術標準化WG担当
・プレゼン資料:イングランドの教育におけるICTの活用 https://www.slideshare.net/JEPAslide/ict-72447552
講師 中駄康博(なかだ やすひろ)氏
・富士ソフト株式会社 みらいスクール事業部 次長
・日本教育情報化振興会 (JAPET&CEC) 海外調査部会 部会長
・プレゼン資料:JAPET英国訪問調査報告 https://www.slideshare.net/JEPAslide/japet

日時:2月23日(木) 15:00-17:30(14:30受付開始)
会場:飯田橋 研究社英語センター B2F 大会議室
主催:日本電子出版協会(JEPA)

◎本ブログ記事では、当日セミナーのうち、後半を扱っています。

前半:
英国の教育制度 (中駄康博)
カリキュラム改定ーICTからComputational Thinkingへ (中駄康博)
小学校におけるデータ活用 とRAISEonline (石坂芳実)
後半:
CAS(Computing At School)とComputational Thinking (中駄康博)
ロンドンの学校の状況 (中駄康博)
Betttのレポート (中駄康博)
イギリスのComputingの授業と Computing At School (石坂芳実) Continue reading

 

日本の教育情報化遅滞や情報機器死蔵率【セミナー備忘録】

GKB48主催の「これからの「教育」の話をしよう2・3出版記念会」で行われた講演。

(個人用のメモです。議事録ではありません。記事中の図画で、引用元を表記していないものはプレゼン公開資料を使用しています。今回特に豊福晋平さんにお願いをして、特別にプレゼン資料をアップロードしていただきました。先生、ありがとうございました。)

私の3歳の孫娘はテレビをスワイプしようとします。ハハ、おかしいですね。でもそれくらい、スマホ画面でのスワイプがこの娘にとって「日常」になっているのですね。

もうひとつ。21世紀は20世紀のメディアの雄、映画とテレビが「書籍化」した時代だということをご存知ですか。クラウドに映画とテレビの映像が格納され、「いつでも、どこでも」鑑賞できるようになりました。20世紀、映画もテレビも、決まった時間に決まった場所に行かなければ見ることはできませんでした。この点、本は「いつでも、どこでも」でした。21世紀、映画とテレビが「書籍化」した社会を私たちは生きています。

このふたつのエピソードを踏まえて、豊福晋平さんのご講演の内容をふりかえってみたいと思います。 Continue reading

 

「井筒俊彦と内面の人工知能」【セミナー備忘録】

(個人用のメモです。議事録ではありません。特に今回は、哲学の話で専門用語も多く、自分が理解した(と思った)ところを、どちらかというと自分の言い回し(とりわけ[ ]の部分)で記述しています。内容と表現、両方の点で正確には三宅さんが「こういった」というものでない点、ご容赦ください))

■セミナー概要

SIG-AI「人工知能のための哲学塾」東洋編 第弐夜「井筒俊彦と内面の人工知能」

SIG-AI正世話人の三宅陽一郎が、日本が生んだ天才哲学者によるアラビア哲学と東洋哲学の思索を頼りに、「心や意識がどのように立ち上がるのか?」について解説します。

日時 2017年5月15日(月) 19:30-22:15(開場19:15)
会場 株式会社Donuts(東京都渋谷区代々木2丁目2-1 小田急サザンタワー8階)

■全体の位置づけ

三宅さんの立ち位置ははっきりしている。極めてシンプル。

ゲーム・プログラミングを進化させたい。

エンターテイメントとしてもっともっと楽しんでもらえるよう、豊かな表現ができるゲーム・プログラミングにチャレンジしていきたい。

しかし21世紀を迎えたあたりから、ゲームのプログラミングは新しい局面を迎える。「身体」をゲームキャラクターが身にまとい始めたからだ。 Continue reading

 

「クリエイティブな人のための哲学塾」【セミナー備忘録】

(個人用のメモです。議事録ではありません。特に今回は、哲学の話で専門用語も多く、自分が理解した(と思った)ところを、どちらかというと自分の言い回し(とりわけ[ ]の部分)で記述しています。内容と表現、両方の点で正確には三宅さんが「こういった」というものでない点、ご容赦ください)

■セミナー概要
「クリエイティブな人のための哲学塾」

『人工知能のための哲学塾』の著者 三宅陽一郎さんによる、創造性と哲学の関係を探求する講座がスタートします。
「創造性とは何か?」「哲学とは何か?」
これまで哲学を足がかりに「知能」を追求してきた三宅陽一郎が、「創造性」というテーマで「哲学」を語ります。
日時:2017年5月9日(火)18:50〜21:00
場所:ドコモ・イノベーションビレッジ
東京都港区赤坂一丁目12番32号 アーク森ビル31階 Continue reading

 

■開催にあたって(「クリエイティブな人のための哲学塾」)

(講師:三宅陽一郎氏からのメッセージ)

人の知能は、環境、身体、知能からなります。

 

我々の知能は毎日、周囲の環境の中で刺激と情報にさらされます。知能はこのような刺激と情報から、自らを中心とした自分の世界を頭の中で再構成します。知能は単に受け身ではなくて、あらゆる瞬間に自分の世界を環境と共に創造しているのです。

 

またその結果、行動も同様に創造的に生み出されます。行動は生物が一人で作るものではなく、環境と共に創造するものです。それは環境と共に演じるダンスでもあります。生きること、考えること、認知すること、行動することは、すべて世界と協調した創造的な行為なのです。生物は日常を創造的に生きる存在なのです。

 

このように創造性は特殊なものではなく、生物の根源的なプロセスです。しかし、そういった創造性は通常は、生活や生存を構築するために収められています。それらを逸脱して、創造性を発揮することは芸術と呼ばれます。芸術を鑑賞することは、何かの理由で弱っている人の創造性、つまり生きる力を与える役割を持ち、また芸術を作ることは、我々が共通に持つ創造性の源泉に遡り、その力を導くことでもあります。

 

不謹慎とは言え、サバンナの動物たちの争いは時に芸術的でさえあります。追い追われつつ逃げきる動物たちの運動は一瞬一瞬の絶え間ない創造性の発露です。人間の社会は、周囲の環境を変え、見事な都市と移動手段を作り出しましたが、同時に、我々はその揺らぎ続ける世界の中でどのような現実を再構成して生きるべきかを常に問われています。そういった世界では、うまく現実の像を結べないもどかしさと主体的行為の減衰があります。しかし、同時に、これまでになかった新しい行為の創造が可能となって行く時代でもあります。我々は「自分」と「現実」と「デジタル世界」を再構成する時期に来ているのです。哲学とは古い書物の上に思考を限定することだけではなく、変わり続ける世界の中で、確かに、正しく、そしてより広く生きる可能性を見つけ出すことです。

 

本講演では、我々がいかに毎瞬間において創造的な精神活動を行っているか、またその源泉から創造へ至るプロセスを説明して行くことで、生物誰もが本来的に持っている創造性について説明したいと思います。またそこで、我々の鏡面である人工知能たちの創造性とどのように関係して行くかを説明できればと思います。

◆関連URL
「クリエイティブな人のための哲学塾」【セミナー備忘録】 | ちえのたね|詩想舎 http://society-zero.com/chienotane/archives/5336
<人工知能>と<人工知性>— 環境、身体、知能の関係から解き明かすAI— http://society-zero.com/icardbook/006/index.html

アイカードブック(iCardbook)| 詩想舎 http://society-zero.com/demo/index.html

人工知能と人工知性

人工知能と人工知性

 

 

●「思考力がある人にプログラミングを教える」と、「プログラミングで思考力をつける」とは違う

●なぜ子どもにプログラミング教育が必要なのか 中央大学 岡嶋裕史先生に聞きました! http://gakken-tech.jp/article01/
「「プログラミングを習わせる=プログラマーを育てる」と思っている人も多いですが、実はそうではないんです。
なぜプログラミング教育が必要なのかといえば、これからの社会において仕事の進め方が大きく変わっていくからです。Continue reading

 

●クラウド社会に舞い降りた真の「あなたがメディア」、マストドン(Mastodon)

●第1回 マストドンの始め方。アカウント登録から,はじめての「トゥート」まで http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/mastodon/0001
分散型SNS、あるいは分散型マイクロブログ・ツール。それがマストドン。つまり誰でも自分のサーバーにマストドンを立ち上げることができる。その「一つひとつのマストドンサーバーのことをインスタンス,マストドンサーバーの緩やかなつながりのことを「連合」(⁠英語ではfederation)と呼」ぶ。

Continue reading

 

●「映像や音声がないというのは、本の機能であり、欠陥ではない」※

(※出典:Richard Nash 『What is the Business of Literature』)

●本はまだ死んでいない―、ウェブメディアが出版業をはじめた理由 http://jp.techcrunch.com/2017/04/13/20170410book-publishing-in-the-digital-age/
「VRデバイスが、ユーザーの脳を包みこんで別の世界を映し出す一方、本は読者の脳を働かせ、彼らと本の創造的なやりとりを通して、違う世界を映し出している」。つまり、「映像や音声がないというのは、本の機能であり、欠陥ではない」のだ。
Continue reading

 

●日本は新奇探索性の高い人が相対的に少ない国 新しい教育は受け入れられるか

●高校生の勉強と生活に関する意識調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較 http://www.niye.go.jp/kenkyu_houkoku/contents/detail/i/114/
・日本の特徴:勉強の仕方は――試験前にまとめてするだけ/授業の進め方――教科書に従って、その内容を覚える授業が多い/情報通信技術の活用――日本が一番活用していない/インターネットの学習利用――日本は利用者がやはり少ない/人生目標――社会的な地位、リーダー、有名大学への志望が少ない。
・比較論:【量】時系列で日本は改善している、とはいえ、絶対量で中国(授業関連+学外勉強)と米国(授業関連)にはかなわない。【質】アクティブ・ラーニング的活動が米国、中国。受験対策型が日本、韓国。教室での授業形態もそれと相似形。そのせいか、居眠りが多い、日本、韓国。四か国共通でネット活用が学習の当たり前に。
Continue reading

 

●人とAI(人工知能)の相互依存、相互進化の時代へ

●「ECで300万円の甲冑が売り切れる現象を説明できない」--専門家がAIに負ける時代 https://japan.cnet.com/article/35098431/
専門家が専門性ゆえのバイアスを持ち、かえって人工知能の使い手として適当でないケースがありうる。
たとえばデータマイニングの常識を機械学習に持ち込むなかれ。「深層学習システムに与える学習用データなどをきれいに整形すると解析精度が下がってしまい、生データをそのまま処理させた方が高精度になる」。
ほかにも、「従来のエンジニアはシステムをビルディングブロックで考え、ブロックを組み上げて構築していくが、このアプローチだとAIをいかせない」など。
Continue reading