●SNS時代の経営意思決定は、変えなくてはいけない

B:暮らしと職場の風景を変えていく(個人の意思決定と情報社会)

●10代女子スマホ・ユーザーの半数以上がInstagramを利用 http://news.mynavi.jp/news/2015/11/23/033/
対象はスマートフォンを利用している15歳~19歳の男女600名。
1日あたりの利用時間:LINEが110.19分で最も長く、以下、ゲーム・アプリ(99.81分)、LINE以外のSNS(86.58分)。「コンテンツの種類別に視聴方法を尋ねたところ、動画と音楽では7割以上が主にスマートフォンで視聴している半面、コミックを主にスマートフォンで見るという回答は32.8%、書籍は23.7%に留まっている」。(全文 10代のスマートフォン利用に関する実態調査 https://www.fast-ask.com/report/report-teensmartphone-20151120.html

●ギフトコ コトバとカタチでキモチを贈る | NTTドコモ https://giftco.jp/landing
O2O=オンラインtoオフライン(リアル)に新しいサービス、「ギフト」。ドコモ、SNSやメール等でメッセージと一緒にギフトを贈れるサービス「ギフトコ」を提供開利用にあたって申込みは不要で、月額の料金も掛からない。
「ユーザーは、相手に贈りたいギフトをアプリから選び、LINEやメールなど何らかの手段で送る。相手は届いたメッセージに記載されたURLへアクセスすることで、ギフトチケットを入手できる。そのギフトチケットを対象店舗で見せれば、商品を入手できる」。

●IBMの人工知能ワトソンが一番オススメするギフトは「IBM Watson Trend」 http://www.gizmodo.jp/2015/11/ibmwatsonapple_watch.html
「このデータはSNSやブログ、各種レビュー評価など1万以上のソースをワトソンが解析して出されているもの。そこから抽出された情報を元にそれぞれの製品に点数をつけていき、その点数のランキングで1番だったものを「最も望まれているもの」」とする仕組み」。日々更新される。

●年末のプレゼント選びを支援する「IBM Watson Trend」アプリ--アナリティクスを大衆化するか http://japan.zdnet.com/article/35073952/
「Apple Watchがそこまで爆発的に売れている訳ではないのはご存知の通り。ただデータ的にはWatch OS2の登場もあって、今後への期待感」や、「欲しいけど買わない層が結構居るというのを暗に示してくれている可能性」なのかもしれない。

●買い物は満足度を中心に考えよう http://www.lifehacker.jp/2015/11/151122_shoping_satisfaction.html
買い物対象の価値について「ほかの似たようなものと比べた安さ」を重視しがち。それでいいか、という論。

●SNSマーケティングの効果が上がる商品写真の撮り方8つのポイント http://innova-jp.com/201512-8-tips-on-picturing-for-sns-marketing/
商品情報には、商品そのものの見た目だけでなく、素材や使用場面、ターゲットなどのコンセプトも含まれる。「カッコよく撮れている」、だけではダメ。
NG例:背景にいろいろなものが写り込んでいる/全体的に暗い/写真によって色味がバラバラ/配置の仕方が粗い/写真ごとに構図がバラバラ/陰と光のコントラストが強すぎる/対象物が光を反射している/白くぼやけていて汚い。

Googleフォトで何が出来るの?基本的な仕組みと使い方を解説 http://www.appps.jp/203235/
Googleの提供する写真や動画をインターネット上にバックアップしたり、他の人と共有できるサービス。iPhoneからだけでなくiPadやパソコンからも保存した写真や動画を見たり、ダウンロードすることが出来る。ポイントは「アップロード時の設定で「高品質」を選ぶと、1,600万画素以下の写真と1,080p以下の動画をこの容量関係なしに無制限にバックアップできる」点。

●Crevo、ソーシャルメディア動画広告の運用・A/Bテスト体制を提供する「動画広告運用」事業開始 https://markezine.jp/article/detail/23528
「ソーシャルメディアの特性に合わせた最適な動画広告クリエイティブのプランニング・制作と動画広告の運用・A/Bテスト、および運用結果を踏まえたクリエイティブの改善提案による、一連の動画広告PDCAを提供する新サービス「Crevo動画広告運用」事業を開始」。

●若者の話題を戦略に変える。その手法とは http://dentsu-ho.com/articles/3354
まず「SNSやオタクをまだニッチだと思っている経営者が多いのも事実なんですね。「もうメジャーです」」。アニメというコンテンツと、SNS上で発生する話題、そこにどのような関係があるのか、について。
アニメファンは、ツイッターで情報を集めるのが特徴。ツイッターでのビビッドな反応は、リアル店舗やEコマースでのパッケージ予約数と比例している。
SNS内コミュニティーの構造:話題を起こすアカウントを「クリエータ」=最初の話題提供者が全体の1%+話を盛ってくるアカウントが9%。合わせて10%/話題を横にスプレッドするアカウント(「スプレッダー」)/残りは話題を見ている「ウオッチャー」。
またコミュニティーを相手としたマーケティングを行う場合は、コミュニティー内のレピュテーションを重視した対応をすることが最も重要。

●世の中の動きがどこに向かっているのかを知らないと淘汰される http://www.ex-ma.com/blog/archives/4110
年賀状の季節。写真という素材の変遷について。

●職探しに使うソーシャルメディアはFacebook http://www.randstad.co.jp/about/newsrelease/20151130.html
世界23の国と地域の約22万5000人が対象。就職・転職活動にSNSを活用している割合は、全世界平均で51%。日本は26%で調査国の中で最低だった。
「全世界平均でFacebookが56%で最も多く、続いてGoogle+が38%、LinkedInが34%だった。日本では、Facebookが51%で最多だったが、2位はLINEで30%、3位はTwitterで28%。世界平均2位だったGoogle+は4位、3位だったLinkedInはランク外」。

DeNA南場智子氏が語った「経営会議より、UI/UXが大事。なぜ今デザインなのか?」 https://codeiq.jp/magazine/2015/11/33563/
「DeNAでは『ちょっと驚きを持った、ポジティブな驚きを持った喜びを感じてもらうようなこと』をDelightすると、言っています」。
「世界中の人を、我々のサービスでDelightしたいよね。その気持ちがいろんな事業に携わっている全員に共通して、一番強いものとなっています。これがない人は、我が社にいてはいけないというルールがあるぐらい、Delightにこだわっています」。
それを実現するには、Webの掟が変わった、ことに留意、と。つまり、まずやってから修正する。逆にいうと、やるかやらないかを経営会議にかけない。


「先にサービス持ってこなくていいけど、数字だけは持ってきてもらうことにしました。見たいのはリピート率。1回使った人が、どれだけ使い続けてくれているか」。大事なのはUI/UX。


そして、「個々人に最適化するほうが、当然だけど全然効果があるし、できる時代になってきた。特にネットのサービスにおいては顕著です」。「セグメント最適化から、個別最適化へ」。

 

●ツイートボタンの価値崩壊でWebメディア関係者がザワついてる http://jet-set.hatenablog.com/entry/tweet
日本に絞ったインターネット土壌の価値観で言えば、TwitterやFacebookの文化が今後5年、10年のスパンで考えると残っていない気も。あえて強く押したいのが「はてなブックマーク」の文化。

●サービス開始3年半で終了宣言、スマホ向け放送「NOTTV」はなぜ短命に? http://news.mynavi.jp/articles/2015/11/27/nottv/
2015年10月末時点で、NOTTV会員数は約147万契約。想定ユーザー数まで獲得できず、今後の事業継続が困難と判断され、サービスを終了。

●アドビ、ついに「Flash」へ引導を渡す:今後はHTML5ベースの技術を重視へ http://digiday.jp/platforms/adobe-finally-kills-off-flash-brand/
「もそもFlashが致命的とも言えるダメージを被ったのは、2010年にアップルがFlashのサポートを打ち切ったことにあった。これを主導したのはもちろんApple創業者のスティーブ・ジョブズ氏で、彼はFlashを「お粗末なパフォーマンスと、ひどいセキュリティ問題をかかえてこんがらがった、一種のスパゲティ・ボールだ」と酷評」していた。(Flash、HTML5およびオープンWeb標準 http://blogs.adobe.com/japan-conversations/flash-html5-and-open-web-standards/ ) 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>